朝セカセカしたくないならヒゲを脱毛しよう

男の人

レーザーや電気針で脱毛

男性

効果の出方や施術回数

男性のヒゲ脱毛には、主にレーザーや電気針が使われています。レーザーでのヒゲ脱毛は、肌表面に照射して、熱をヒゲの毛根まで届かせるという方法で行われます。熱で毛根を収縮させれば、そこからはヒゲは生えにくくなるのです。ただし、肌に火傷を負わせることがないよう、レーザーは低めの出力で照射されます。そのため毛根を十分に収縮させるには、約2ヶ月おきというペースで、3〜5回照射することが必要となっています。しかし肌の色が比較的白ければ、その分レーザーを高い出力で照射することが可能となります。レーザーには、色の濃い部分を熱するという性質があるため、白い肌は影響を受けにくいのです。したがって、より高い脱毛効果を得るためには、日焼けに気を付けることが大事と言えます。そうすることで、少ない施術回数でヒゲ脱毛を完了させることが可能となります。一方電気針によるヒゲ脱毛は、毛穴に電気針を挿入し、その先端で直接毛根を熱するという方法で行われています。電気針は、大部分が絶縁体で覆われていて、先端部分のみが熱を帯びるという構造になっています。そのため挿入した場合、先端が触れる毛根のみが熱されることになります。他の部分に熱による悪影響を与えるリスクが低いので、電気針は高出力で使用されますし、これにより毛根は一瞬で収縮します。つまり電気針によるヒゲ脱毛では、その場で高い効果を実感できるわけです。そのためヒゲを早く減らすことを希望する男性は、多くの場合こちらを選択しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加